Japan Open Poker Tour

Japan Open Poker Tour

JOPTは、優先すべきハウスルールを設けていて、そのほかについては、Poker TDA Ruleで補足します。また、プレイヤーの責務と禁止事項については次の通りです。公正で円滑なポーカートーナメントとするために、プレイヤーもルールを正しく把握しましょう。

プレイヤーの責務 / Player Responsibilities

プレイヤーは、自身と他のプレイヤーを保護するため、トーナメントでは次の責務を果たしましょう。

  • 正しい席に座ってプレイし、テーブルの移動は速やかに。
  • チップを正しく積み、ミスがあるときは口頭で指摘すること。
  • プレイ中のハンドを守り、カードを隠さず見えるように。
  • アクションを追って順番を守り、正しい言語とジェスチャーを使うなど、自身の意図を明確に。
  • アクションを起こす権利を守り、正当なときにはクロックを要求する。
  • 他人と相談せず(ワンプレイヤーワンハンド)、ショーダウンでは全てのカードを正しく開く。
  • ルールや適切なエチケットを知り守るなど、トーナメントの秩序維持に貢献する。

公式言語 / Offical language

ハンドプレイ中は、日本語または英語で会話してください。それ以外の言語での会話は、公正への影響が懸念されるため、ペナルティーとなることがあります。

禁止事項 / Prohibited Matters

公平な競技に影響を及ぼす可能性があるため、次の行為は禁止されています。フロアの判断により、失格などのペナルティーが課されることがあります。

  • 共謀行為(チップダンピングや通信機器などによる情報共有など)
  • 不正行為(アングルシューティングやReal-Time Assistance(RTA)などの使用、カードへのマーキングなど)
  • ゲーム中にハンドを見せたり、伝えたりする行為
  • ソフトプレイ(手加減など)やアドバイスを受ける行為
  • 円滑なゲーム進行を阻害する行為(アクションの遅延行為など)
  • 順番に沿わないアクション(OOT)
  • プレイヤーの責務違反となる行為
  • エチケット違反となる行為(禁止された場所での喫煙や電子タバコの利用、大声での会話や過度な私語など)

ハウスルール / House Rule

次のハウルスールは、Poker TDA Ruleより優先されます。Update at Sep 20, 2021.

1. フロア

フロアは、トーナメントディレクターとフロアパーソンのことで、トーナメントディレクターはフロアパーソンの決定を取り消す権利がある。

2. 公式言語

公式言語は日本語と英語とする。

3. 特別な制限

ライブ配信を行なっているテーブルでは、通信機器のほか、イヤフォンやヘッドホンの使用を禁止する。スタッフがお預かりします。

4. ショーダウンでのショーカードとキル

ショーダウンしたカードは、ポットが正しく付与されるまでプロテクトすること。オールインしたプレイヤーのハンドがキルされてしまったときは、フロアが呼ばれる。コミュニティーカード5枚を使った役が最も強いのときなど、フロアの判断でハンドを持たないプレイヤーがポットを獲得することがある。

5. 新しいテーブル

新たなテーブルでは、席数の50%以上(フルテーブルは5人、6-maxは3人)のチップが用意されてからハンドを配る。

6.チップのカラーアップ

端数切り上げとし、チップレースは行わない。

7.クロック要求

プレイヤーからクロック要求があったときは、フロアが呼ばれる。

8. ハンドフォーハンド/ラウンドフォーラウンド

ハンドフォーハンドおよびラウンドフォーラウンドは、トーナメントクロックは止めない。

9.エチケット違反

喫煙所以外での喫煙や電子タバコの利用、大声での会話、飲酒により他人に迷惑となる行為なども、エチケット違反となる。

10. 4-Cap制

同一トーナメント(複数のフライトがあるときは、各フライトごと)へのエントリーは最大4回までとする。

11. チップ放棄

チップ放棄によるリエントリーを認める。

By browsing this website, you agree to our privacy policy.
I Agree